トップタツノの仕事・広報 営業部 営業課 R.T/現地法人担当 社長室 K.I

INTERVIEW

広報

営業部 営業課

R.T

2008年入社/健康科学専攻

周囲と協働し、ひとつのカタチにしていく。
「タツノブランド」の向上を目指して。

製品・技術、サービスを
外部に向けて発信。
ホームページ運営、展示会など
幅広い広報活動。

私が所属する営業部は、全国の営業を統括し支援する部署です。そこで私は広報の仕事を担当しています。石油・ガス業界などの業界メディアへの各ニュースリリースの作成や、各種広告のプランニングから折衝、調整など幅広く担当しています。また、タツノのコーポレートサイトの更新、問い合わせチェックなどの運用管理、展示会に出展するための自社ブースの企画立案から運営までのプロデュース。さらには社内ショールームに関して、専門部署はありますが、リニューアルの検討や実施もしています。こうした活動を通じて、タツノの製品・技術、サービスのみならず、タツノそのものの情報を外部に向けて正確かつ魅力的に発信し、広く理解・認知してもらうことが広報の役割と言えます。それによって、多くの人にポジティブな印象を持ってもらうことで、企業価値の向上、そして「タツノブランド」の向上につなげていくことが、私たちのミッションと考えています。

ニュースリリースや
カタログ、パネルの作成。
目に見えるカタチになる
やりがいを実感。

広報という仕事は、タツノの情報を社外に伝える会社の顔ともいえる部門であるため、常に緊張感が求められる業務ですが、具体的なカタチになって表れやすいため、様々な場面で仕事のやりがいや面白さを感じています。たとえば、ニュースリリースを作成するとき。一番伝えたいことは何か、読者に何を感じて欲しいか等々を考えながら作成します。伝わる表現を考えるのは難しいもので、何度も書き直しますが、ようやく完成したリリースを各業界紙に発信し、紙面に「タツノ」の記事として掲載されたのを見ると、とても嬉しく、確かなやりがいを実感します。また、カタログや展示会用のパネルを作成するとき。自分で撮影した写真やツールを使って描いたイラストを用いて、タツノの製品をアピールできるものになった瞬間、大きな達成感があります。このように、社外にタツノを発信する表現を生み出すことの難しさや厳しさはありますが、常に向上心を持って前向きな姿勢で取り組むことで、より良い広報活動を行っていきたいと思っています。

初リーダーとして
展示会をプロデュース。
その成功体験を胸に
「広報のプロ」の道を歩みたい。

最近、重要な展示会のプロデュースを、初めてリーダーとして任されました。当初は不安もありましたが、研究開発部門と打ち合わせを重ねる中で、どのようなブースができ、どのような展示会になるのかワクワク感が大きくなっていきました。準備期間が短く、スケジュールが思うように進まず開催日が迫るにつれ焦る気持ちもありましたが、課題を一つひとつクリアしながら進めていきました。展示会が始まり、来場者がどんな反応をするのか気になっていましたが、3日間の会期中、予想以上に注目を集め、反響は上々でした。タツノとしてPRしたいことをブースでしっかり表現でき、来場者に伝えることができたと実感。部署の枠を超えて、多くの人と協力し合いながらひとつの大きなものを作り上げていく大切さを学ぶとともに、大きな達成感を得ることができました。今後、今の仕事を積み上げていくことで、広報のプロと周囲から認めていただける人材に成長していきたいと思っています。

WORKFLOW

展示会出展
プロジェクトの流れ

  • 出展品検討
    展示会で出展する製品を関係者で検討する。掲示するパネルも、どのような内容が良いか検討する。
  • ブース立案
    出展品が決定したあと、ブース施工業者と打ち合わせを重ね、ブースレイアウトを考える。
  • 展示品準備
    展示用に加工・改良が必要なものは、主に設計部門で担当。期日までに完成させる。
  • 掲示物準備
    ブース内に掲示するパネルや動画を作成。場合によっては工場や現場(給油施設など)に行き、使用する写真撮影を行うこともある。
  • 資料準備
    会期中、ブースで説明員として対応する社員に、出展品に関する資料を提供。
  • 設営
    展示会の前日、会場でブースの設営から機器搬入まで、立ち会う。
  • 会期中
    説明員として来場者に対応する一方、当社ブースや他社ブースの様子の撮影も行う。他社ブースでは、出展品の情報収集と調査も行う。
  • フォロー
    会期中に集めた名刺を整理して社内の関係者に配信したり、説明員として対応した社員から感想をヒアリング。
  • 報告書作成
    報告書をまとめ、次回の展示会に活用する。

OFFTIME

オフタイム

大学で華道部に入部以来、華道を続けています。月2回の華道の稽古がオフの楽しみの一つです。また、学生時代から好きなのが野球観戦。社内の野球ファンとスタジアムに観戦に行くこともしばしば。最高のリフレッシュです。友人と会って、ゆっくり食事をしながら話をするのも、私にとって大切な時間です。

INTERVIEW

現地法人担当

社長室

K.I

2014年入社/経済学専攻

世界8社の現地法人と
日本本社の架け橋となり、
タツノの輪を広げる。

現地法人と本社をつなぐ窓口として、
あらゆるケースで柔軟に対応。

社長室は、社長の補佐業務のほか、経営企画や経営分析、世界に8社ある海外現地法人の経営管理を行う部署です。私は主に海外現地法人に関わる業務を担当しています。具体的には、現地法人の幹部や社員が来日する際のビザや宿泊先の手配、通訳、工場やショールームでのご案内、全現地法人共通のブランドマニュアルの作成などです。現地法人にとっては日本本社の窓口役になるので業務は多岐に渡ります。社長室の他のスタッフとの協働により完結できる業務もあれば、広報や総務、研究開発などの他部署と協力したり、他部署に対応を引き継ぐケースもあります。業務の幅が広い上に、その都度イレギュラーな条件が発生するなど、その時の状況やニーズに合わせた対応が求められる仕事でもあります。

法律や常識の違いに寄り添い
現地に合った
制度づくりをサポート。

英語力を活かせる仕事をしたいと思い、積極的に海外展開を進めるタツノに入社しました。入社後2年間は、製造部の資材調達部門で海外の取引先を担当。3年目に異動して現地法人関連の仕事を担当することになりました。
仕事をする上で大切にしていることは、誰に対してもわかりやすいコミュニケーションです。現地法人の社員の多くは、英語を使えるといっても、母国語ではありません。それは日本人である私も同じこと。だからこそ、英語が母国語の方とやり取りをする時よりも丁寧かつ簡潔な言葉で、わかりやすく伝えることを心がけています。
業務を通じて、日本と海外の法律や常識の違いに触れられる点もこの仕事の興味深いところです。例えば、ある現地法人が日本本社を参考にして人事制度を見直そうとしたことがあるのですが、労働関係の法律に違いがあるため、そのまま導入することはできませんでした。そこで、日本のやり方を押し付けるのではなく、現地の状況を聞き取りながら最適な制度づくりをサポートしました。こうした取り組みを通じて、柔軟な対応力が着実に身に付いていると実感します。

タツノ製品の優位性をアピールし、
海外での
ビジネス拡大に貢献したい。

年に一度、各国の現地法人の代表と日本の役員が本社に集まる現地法人会議は、私だけでなく、社長室全員で取り組む大仕事です。出席者は皆、多忙な業務を縫って集まるため、有意義な内容になるよう、私たちも準備に余念がありません。また、日頃は横のつながりが少ない現地法人同士の情報交換の場にもなるため、来日を楽しみにしている方も多く、その期待に応えたいと準備作業に取り組んでいます。
現地法人の研修生や海外の顧客を横浜工場やショールームにお連れすることもあります。研修生は日本本社のモノづくりへの姿勢や整然としている工場を見て、勉強になったしモチベーションが上がったと言ってくれます。顧客からもタツノの高い技術力や充実した性能を理解できて、信頼度が上がったと言っていただけることが多いです。これをきっかけに、海外でタツノのビジネスがさらに発展すれば、現地法人担当としてもありがたいことです。
社長室のメンバーは、私以外はベテラン揃いで、営業成績や決算書の確認なども行っています。私も経理や経営に関する知識が増えれば、数字から読み取れる情報が増え、現地法人から相談を受けた時に適切なアドバイスができるようになると思います。日本の窓口役としてより頼られる存在になれるよう、これからも知識と経験を深めていきたいです。

WORKFLOW

1日の
仕事の流れ

  • 8:30
    出社/事務所はフリーアドレスなので毎朝自分で席を決めます。
  • 8:45
    始業・朝礼/営業部・社長室の社員で順番にフリーテーマでスピーチします。
  • 9:00
    メールチェック/時差があるので夜中に海外からの返信が入っています。
  • 10:30
    社内ミーティング/業務の進捗状況や予定の確認など。
  • 11:45
    昼休み/会社近くのレストランに食べに行くこともあります。
  • 12:30
    書類作成/海外現地法人の社員が来日するので、ビザや宿泊先の手配を行います。
  • 15:00
    テレビ会議/海外現地法人と打合せ。
  • 16:00
    メールチェック/引き続きメールチェックを行います。
  • 17:30
    退社

OFFTIME

オフタイム

洋画でも邦画でも映画を見ることが好きです。大きなスクリーンで見る方が楽しめるので、なるべく映画館に足を運びます。全社的にワークライフバランスに取り組んでいるので、ダラダラと残業をすることもなく、仕事帰りに映画館に立寄ることができます。また、年に2回3連続休暇が取れるので、友人や家族と旅行に行くこともあります。次の機会には、未経験の一人旅にも挑戦してみたいと思っています。

WORK

タツノの仕事

エネルギーインフラを支える社員たち。
日々の仕事が社会への貢献、
自身の成長につながる。

CATEGORY
職種紹介